古語:

思ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

おもひ 【思ひ】

名詞

考え。思慮。


出典竹取物語 貴公子たちの求婚


「おもひのごとくものたまふものかな」


[訳] (私の)考えのとおりにおっしゃることだな。


念願。意向。


出典奥の細道 旅立


「片雲(へんうん)の風に誘はれて漂泊のおもひやまず」


[訳] ちぎれ雲が風に吹かれて浮かぶように、風に誘われ、さすらいの旅に出たいという願いが止まらないで。


心配。憂い。


出典源氏物語 若菜上


「よろづのことなのめに目やすくなれば、いとなむおもひなくうれしき」


[訳] すべてのことがいい加減でなく感じよくいくので、本当に心配がなくてうれしい。


恋しい思い。愛情。


出典後拾遺集 恋一


「かくとだにえやはいぶきのさしも草(ぐさ)さしも知らじな燃ゆるおもひを」


[訳] ⇒かくとだに…。


喪に服すること。喪中。


出典古今集 哀傷・詞書


「女(め)の親のおもひにて山寺に侍(はべ)りけるを」


[訳] 妻の親の喪で山寺にこもっておりましたところ。









思ひのページへのリンク
「思ひ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

思ひのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




思ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS