古語:

慈しむの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いつくし・む 【慈しむ】

他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


かわいがり、いとおしむ。大切にする。


出典二十四孝 御伽


「後には隔てなくいつくしみ」


[訳] 後には分け隔てなく大切にし。



うつくし・む 【慈しむ・愛しむ】

他動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


かわいがる。大切にする。愛する。


出典紫式部日記 寛弘五・一〇・一〇


「我が心をやりてささげうつくしみ給(たま)ふも、ことわりにめでたし」


[訳] ご自分はいい気分になって抱き上げかわいがりなさるのも、もっともですばらしい。









慈しむのページへのリンク
「慈しむ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

慈しむのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




慈しむのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS