古語:

感ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かん-・ず 【感ず】

[一]自動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


強く心が動かされる。感動する。


出典徒然草 四一


「物にかんずる事なきにあらず」


[訳] 何かに感動することがないわけではない。


前世の行為の報いを受ける。報いが現れる。


出典平家物語 三・有王


「今生(こんじやう)にかんぜられけり」


[訳] この世で(はやくも)報いをお受けになった。


[二]他動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


感心してほめる。


出典今昔物語集 一一・九


「手を打ちてこれをかんず」


[訳] 手を打ってこれを感心してほめる。









感ずのページへのリンク
「感ず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

感ずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




感ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS