古語:

才覚らしの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さいかく-ら・し 【才覚らし】

形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


気がきいていそうだ。


出典日本永代蔵 浮世・西鶴


「さいかくらしき若い者、杠斤(ちぎ)の目りんと請け取って帰しぬ」


[訳] 気がきいていそうな若い者が、さお秤(ばかり)の目盛りきっちり(計って)受け取って帰した。◆「らし」は接尾語。








才覚らしのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

才覚らしのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




才覚らしのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS