古語:

打ちの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち- 【打ち】

接頭語

〔動詞に付いて、語調を整えたり下の動詞の意味を強めて〕


ちょっと。ふと。「うち見る」「うち聞く」


すっかり。「うち絶ゆ」「うち曇る」


勢いよく。「うち出(い)づ」「うち入る」


語法

動詞との間に助詞「も」が入ることがある。「うちも置かず見給(たま)ふ」(『源氏物語』)〈下にも置かずにごらんになる。〉


注意

「打ち殺す」「打ち鳴らす」のように、打つの意味が残っている複合語の場合は、「打ち」は接頭語ではない。打つ動作が含まれている場合は動詞、含まれていない場合は接頭語。









打ちのページへのリンク
「打ち」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ちのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




打ちのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS