古語:

打ち出だすの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 打ち出だすの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-いだ・す 【打ち出だす】

他動詞サ行四段活用

活用{さ/し/す/す/せ/せ}


打ち鍛えて作り出す。


出典太平記 一三


「雌雄の二剣をうちいだせり」


[訳] 雌雄二振りの剣を打ち鍛えて作り出した。


(打つような動作で)振って物を出現させる。打ち出す。


出典一寸法師 御伽


「まづまづ飯をうちいだし」


[訳] まずとりあえず打ち出の小槌(こづち)で飯を打ち出し。


ちょっと出す。特に、「出(い)だし衣(ぎぬ)」をする。


出典栄花物語 若生え


「衣(きぬ)のつま重なりてうちいだしたるは」


[訳] 着物の端が重なって(御簾(みす)の下から)ちょっと出してあるのは。


(歌・ことばを)口に出す。歌い出す。


出典枕草子 清涼殿の丑寅のすみの


「いとゆるるかにうちいだし給(たま)へる」


[訳] (古歌を)たいそうゆっくりと歌い出しなさったの。◆の「うち」は接頭語。








打ち出だすのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち出だすのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




打ち出だすのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS