古語:

打ち靡くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

うち-なび・く 【打ち靡く】

[一]自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


(草・髪などが)なびく。


出典枕草子 草の花は


「朝霧にぬれてうちなびきたるは」


[訳] 朝霧にぬれてなびいているのは。


(人が)横になる。横たわる。


出典万葉集 四六


「安騎(あき)の野に宿る旅人うちなびき」


[訳] 安騎の野に仮寝をする旅人(=軽皇子(かるのみこ))は横になって。


心が、ある方になびく。


(ア)

慕う。


出典万葉集 三九九三


「ほととぎす鳴きし響(とよ)めばうちなびく心もしのに」


[訳] ほととぎすが鳴き立てているので慕う心もしおれて。


(イ)

服従する。


出典源氏物語 椎本


「人の言(こと)にうちなびき」


[訳] 男の言葉に服従し。◆「うち」は接頭語。


[二]他動詞カ行下二段活用

活用{け/け/く/くる/くれ/けよ}


服従させる。


出典太平記 三


「国中をうちなびけ」


[訳] 国中を服従させ。◆「うち」は接頭語。



うち-なびく 【打ち靡く】

分類枕詞


なびくようすから、「草」「黒髪」にかかる。また、春になると草木の葉がもえ出て盛んに茂り、なびくことから、「春」にかかる。


出典万葉集 一八三〇


「うちなびく春さり来れば」


[訳] 春が来ると。








打ち靡くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

打ち靡くのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




打ち靡くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS