古語:

折角の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

せっ-かく 【折角】

[一]名詞

骨を折ること。力を尽くすこと。


出典保元物語 上


「中にもせっかくの合戦二十余か度なり」


[訳] 中でも死力を尽くした合戦が二十数回である。


大事なこと。注意しなければならないこと。


出典風姿花伝 七


「三日の中(うち)に、殊にせっかくの日と覚しからん時」


[訳] 三日のうちで、特に大事な日だと思うようなとき。


[二]副詞

苦心して。一所懸命。


出典きのふは 咄本


「せっかく習へ。やがて十月十三日になるぞ」


[訳] 一所懸命練習せよ。すぐに十月十三日になるぞ。


努力したのにそのかいがなく。わざわざ。


出典世間胸算用 浮世・西鶴


「せっかく錆(さび)落としてから」


[訳] わざわざ錆を落としたところで。








折角のページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

折角のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




折角のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS