古語:

折知り顔なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 折知り顔なりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

をりしり-がほ・なり 【折知り顔なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


いかにもその時節をわきまえているようだ。


出典源氏物語 葵


「御前など参り集まる程、をりしりがほなる時雨(しぐれ)うちそそぎて」


[訳] 御前駆(ごせんぐ)の者たちが参集して来るころに、いかにもこうした時節をわきまえているような時雨が降りかかって。








折知り顔なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

折知り顔なりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




折知り顔なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS