古語:

散散なりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さん-ざん・なり 【散散なり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


ちりぢりだ。ばらばらだ。


出典古今著聞集 五一五


「頭(かしら)をさんざんにつき割りにけり」


[訳] 頭をばらばらにつき割ってしまった。


(動作・行動が)容赦なく激しい。


出典平家物語 九・木曾最期


「射残したる八筋の矢をさしつめひきつめ、さんざんに射る」


[訳] (今井四郎は)射残してあった八本の矢を次々つがえては引いて、つがえては引いて容赦なく激しく射る。


ひどく見苦しい。


出典古今著聞集 五二四


「美しき装束(さうぞく)さんざんになりにけり」


[訳] 美しい衣装がひどく見苦しくなってしまった。








散散なりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

散散なりのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




散散なりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS