古語:

散るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あ・る 【散る・離る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


遠のく。離れる。


出典竹取物語 燕の子安貝


「あれて寄りまうで来(こ)ず」


[訳] 離れて寄ってまいりません。



ち・る 【散る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


散り落ちる。散る。


出典更級日記 大納言殿の姫君


「花の咲きちるをりごとに、乳母(めのと)亡くなりしをりぞかしとのみあはれなるに」


[訳] 桜の花の咲き散る時節ごとに、乳母の亡くなった季節だなあとただもうしみじみとするが。


散らばる。


出典源氏物語 蛍


「こなたかなたに、かかる物どもの、ちりつつ」


[訳] あちらこちらに、こうした絵物語が散らばり散らばりして。


世間に広まって知れる。


出典枕草子 頭の弁の、職にまゐり給ひて


「見ぐるしきことちるがわびしければ」


[訳] みっともないことばが世間に広まるのがつらいので。


(心が)まとまらない。落ち着かない。


出典源氏物語 若菜下


「いろいろ目移ろひ心ちりて」


[訳] (あれにもこれにも)いろいろと目移りがして心が落ち着かないで。









散るのページへのリンク
「散る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

散るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




散るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS