古語:

早の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

はや 【早】

副詞

すみやかに。一刻も早く。▽命令・勧誘・願望などの表現を伴う。


出典竹取物語 かぐや姫の昇天


「はや出(い)だし奉れ」


[訳] 一刻も早くお出し申し上げよ。


早くも。もう。すでに。


出典伊勢物語 六


「鬼はや一口に食ひてけり」


[訳] 鬼はすでに一口に(女を)食ってしまっていた。


〔下に詠嘆の助動詞「けり」を伴って〕もともと。元来。実は。


出典平家物語 六・祇園女御


「変化(へんげ)の物にてはなかりけり。はや人にてぞ有りける」


[訳] 化け物ではなかった。実は人だったのだ。



ソウ 【双・庄・早・相・荘・草・桑・曹・笙・箏・騒・糟】

⇒さう









早のページへのリンク
「早」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

早のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




早のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2021 Printed in Japan

©2021 Weblio RSS