古語:

暫らくの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しまら-く 【暫らく】

副詞

「しばらく


」に同じ。


出典万葉集 三四七一


「しまらくは寝つつもあらむを」


[訳] 少しの間は寝続けていたいのに。


出典柹蔭集 島木赤彦


「信濃路(しなのぢ)はいつ春にならん夕づく日入りてしまらく黄なる空のいろ」


[訳] 信濃路はいつ春になるのであろうか。夕方になって日は沈んだが、少しの間黄色に染まっている空であるよ。◆「しばらく」の古い形。上代語。








暫らくのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

暫らくのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




暫らくのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS