古語:

気色ばかりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 気色ばかりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

けしき-ばかり 【気色ばかり】

分類連語


形だけ。ほんのわずか。▽副詞的に用いる。


出典源氏物語 桐壺


「朝餉(あさがれひ)の、けしきばかり触れさせ給(たま)ひて」


[訳] 朝がれいには、形だけ箸(はし)をおつけになられて。


なりたち

名詞「けしき」+副助詞「ばかり」








気色ばかりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

気色ばかりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




気色ばかりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS