古語:

泥むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なずむ 【泥む】

⇒なづむ



なづ・む 【泥む】

自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


行き悩む。停滞する。


出典徒然草 一五〇


「天性その骨(こつ)なけれども、道になづまず」


[訳] 生まれつきのその道の奥義を習得する勘がなくても、その道に停滞せず。


悩み苦しむ。


出典源氏物語 横笛


「この君、なづみて、泣きむつかり、明かし給(たま)ひつ」


[訳] この若君は、悩み苦しんで、泣いてすねて、一夜をお明かしになった。


こだわる。気にする。


出典徒然草 一一五


「死を軽くして、少しもなづまざるかたの潔(いさぎよ)く覚えて」


[訳] 死を軽く思って、少しも気にしないところが思い切りがよく思われて。








泥むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

泥むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




泥むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS