古語:

流れの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ながれ 【流れ】

名詞

流れること。また、流れるもの。


出典方丈記 


「行く河のながれは絶えずして」


[訳] 流れていく河の流れは絶えることがなくて。


杯に残る酒のしずく。


出典徒然草 一五八


「ながれを残して、口のつきたる所をすすぐなり」


[訳] 杯に残る酒のしずくを残しておいて、(それで自分の)口のついた所を洗い清めるのである。


血統。子孫。


出典大鏡 道隆


「二位の新発(しぼち)の御ながれにて」


[訳] 二位の新出家者(高階成忠(たかしなのなりただ))の御血統で。


流派。流儀。系統。


出典古今集 仮名序


「小野の小町は古(いにし)への衣通姫(そとほりひめ)のながれなり」


[訳] 小野小町(の歌)は昔の衣通姫の(歌の)系統である。









流れのページへのリンク
「流れ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

流れのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




流れのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS