古語:

流るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

なが・る 【流る】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


流れる。


出典奥の細道 平泉


「北上川、南部よりながるる大河なり」


[訳] 北上川は南部地方から流れる大河である。


(月日が)過ぎる。たつ。流れる。


出典古今集 冬


「昨日(きのふ)といひ今日と暮らしてあすか川ながれてはやき月日なりけり」


[訳] 昨日はああ、今日はこうと暮らして明日を迎えていたが(もう年末)、飛鳥(あすか)川の流れのように早く過ぎるものは月日だなあ。


広まる。しだいに伝わる。


出典更級日記 初瀬


「その日しも京(きやう)をふり出(い)でて行かむも、いともの狂ほしく、ながれての物語ともなりぬべきことなり」


[訳] その日によりによって京都を振り捨てて出発して行こうというのも、全く異常であって、しだいに伝わっての語り草となるにきまっている。


回る。


出典源氏物語 行幸


「土器(かはらけ)あまたたびながれ、皆酔(ゑ)ひになりて」


[訳] 杯が何度も回り、皆酔った状態になって。


生きながらえる。


出典古今集 恋五


「水のあわの消えでうき身といひながらながれてなほもたのまるるかな」


[訳] 水の泡が消えないでいるようなつらい身であるとはいうけれど、生きながらえているとなおも生きたいと思うことだ。


流罪になる。島流しになる。


出典蜻蛉日記 中


「天下(てんげ)の人々、ながるるとののしること出(い)できて」


[訳] 世間の人々が、流罪になると大騒ぎする事件が起きて。









流るのページへのリンク
「流る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

流るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




流るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS