古語:

然てはの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さて-は 【然ては】

[一]副詞

その状態のままでは。それでは。


出典竹取物語 燕の子安貝


「悪(あ)しくたばかりて取らせ給(たま)ふなり。さてはえ取らせ給はじ」


[訳] まずくくふうして取らせていらっしゃる。その状態のままでは取らせることはおできになるまい。


[二]接続詞

そしてそのほかには。そしてまた。さらには。


出典源氏物語 若紫


「清げなる大人二人ばかり、さては童(わらは)べぞ出(い)で入(い)り遊ぶ」


[訳] さっぱりした感じの年輩の女房が二人ほど、そしてそのほかには子供たちが出入りして遊んでいる。


それでは。それなら。


出典徒然草 一四二


「さては、もののあはれは知り給はじ」


[訳] それでは、しみじみとした人情味はおわかりにならないだろう。


参考

副詞「さて」に係助詞「は」が付いて一語化したもの。








然てはのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然てはのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然てはのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS