古語:

然らぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さら-ぬ 【然らぬ】

分類連語


そうでない。それ以外の。そのほかの。


出典徒然草 一三七


「鳥部野(とりべの)・舟岡(ふなをか)、さらぬ野山にも、送る数多かる日はあれど、送らぬ日はなし」


[訳] (有名な火葬場の)鳥部野や舟岡、そのほかの野山にも、(死者を)葬る数の多い日はあるけれど、葬送しない日はない。


たいしたことではない。なんでもない。


出典平家物語 一〇・維盛入水


「涙おしのごい、さらぬ体(てい)にもてないて申しけるは」


[訳] 涙をぬぐい、なんでもないようすに振る舞って申したことには。


参考

体言を修飾して連体詞のように用いられる。


なりたち

ラ変動詞「さり」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形








然らぬのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

然らぬのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




然らぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS