古語:

物すの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-・す 【物す】

[一]自動詞サ行変格活用

{語幹〈もの〉}


いる。ある。


出典蜻蛉日記 中


「日ごろものしつる人、今日ぞ帰りぬる」


[訳] 数日間、いた人が、今日帰ってしまう。


出典源氏物語 桐壺


「いと押し立ち、かどかどしきところものし給(たま)ふ御方(おほんかた)にて」


[訳] たいそう我を張り、とげとげしいところがおありになるお方であって。


行く。来る。


出典源氏物語 若紫


「『いと忍びてものせむ』とのたまひて、…まだ暁におはす」


[訳] 「できるだけこっそりと行こう」とおっしゃって、…まだ朝も明けないうちにお出かけになる。


出典源氏物語 野分


「中将はいづこよりものしつるぞ」


[訳] 中将(=夕霧)はどこから来たのか。


生まれる。死ぬ。


出典源氏物語 橋姫


「年ごろ経(ふ)るに、御子のものし給(たま)はで、心もとなかりければ」


[訳] 何年もたつのに、(北の方に)お子様がお生まれにならないで、(八の宮は)気がかりだったので。


[二]他動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


(ある動作を)する。


出典土佐日記 一・九


「心地悪(あ)しみして、物もものし給(た)ばで」


[訳] 気分が悪いと訴えて、何も飲んだり食べたりしなさらないで。


出典落窪物語 一


「さる御文(おほんふみ)をだにものせさせ給(たま)へ」


[訳] せめてそのようなお手紙だけでもお書きください。


[三]補助動詞サ行変格活用

活用{せ/し/す/する/すれ/せよ}


〔尊敬の補助動詞「給(たま)ふ」を伴って〕(…で)おありになる。(…て)いらっしゃる。


出典源氏物語 若紫


「いで、あな幼や。いふかひなうものし給(たま)ふかな」


[訳] いやもう、まあ子供っぽいことよ。たわいなくいらっしゃることよ。









物すのページへのリンク
「物す」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

物すのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




物すのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS