古語:

物狂ひの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

もの-ぐるひ 【物狂ひ】

名詞

気がおかしくなること。狂気。また、その人。物の怪(け)などがのりうつった場合などにもいう。


出典枕草子 世の中になほいと心憂きものは


「誰(たれ)てふものぐるひか、『我、人にさ思はれむ』とは思はむ」


[訳] いったいどんな狂気じみた人が、「自分はそのように思われたい(=人に憎まれたい)」と思うだろうか。


能や狂言で、気にかかる対象(尋ね求める子供、亡くした夫・妻、愛翫(あいがん)物など)を思い浮かべて、狂乱状態になった人。また、それを演じること。








物狂ひのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

物狂ひのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




物狂ひのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS