古語:

甘しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あま・し 【甘し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


(味が)甘い。


おいしい。うまい。


出典笈の小文 俳文・芭蕉


「晩食、肉よりもあまし」


[訳] 遅い夕食は肉よりもおいしい。


(性格・態度ややり方などが)しっかりしていない。なまぬるい。甘い。


出典百日曾我 浄瑠・近松


「武士に似合はぬあまい事」


[訳] 武士に似合わないなまぬるいこと。



うま・し 【甘し・旨し・美し】

[一]形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


おいしい。味がよい。


出典万葉集 三八五七


「飯(いひ)はめどうまくもあらず」


[訳] ご飯を食べてもおいしくもない。


都合がよい。ぐあいがよい。


出典国性爺合戦 浄瑠・近松


「やあうまい所へ出会うたな」


[訳] やあ都合のよい所で出会ったな。◇「うまい」はイ音便。


[二]形容詞シク活用

活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}


すばらしい。立派だ。よい。


出典万葉集 二


「うまし国そあきづ島大和の国は」


[訳] ⇒やまとには…。


参考

中古以降ク活用が一般的になった。上代には、[二]のシク活用は、用例のように、語幹(終止形と同形)が体言を修飾した。









甘しのページへのリンク
「甘し」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

甘しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




甘しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS