古語:

目のあたりなりの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 目のあたりなりの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ま-の-あたり・なり 【目のあたりなり】

形容動詞ナリ活用

活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}


ちょうど目の前だ。眼前だ。


出典平家物語 五・奈良炎上


「まのあたりに見奉る者、さらにまなこを当てず」


[訳] 眼前に拝見する者は、とても直視できない。


直接的だ。じかだ。


出典源氏物語 帚木


「まのあたりならずとも、さるべからむ雑事(ざふじ)等は承らむ」


[訳] 直接でなくても、そのような雑用などは承ろう。








目のあたりなりのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

目のあたりなりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




目のあたりなりのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS