古語:

目並ぶの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

め-なら・ぶ 【目並ぶ】

[一]他動詞バ行下二段活用

活用{べ/べ/ぶ/ぶる/ぶれ/べよ}


並べて見比べる。一説に、多くの人の目を経る。


出典万葉集 一二六四


「西の市(いち)にただ独り出(い)でてめならべず買ひてし絹の商(あき)じこりかも」


[訳] 西の市にたった一人で出かけ、並べて見比べずに買った絹の買い損ないだなあ。


[二]自動詞バ行四段活用

活用{ば/び/ぶ/ぶ/べ/べ}


見比べる。


出典古今集 恋五


「花がたみ(=枕詞(まくらことば))めならぶ人のあまたあれば忘られぬらむ数ならぬ身は」


[訳] あなたには見比べる人が何人もいるので、きっと忘れられてしまうだろう、ものの数でない私は。









目並ぶのページへのリンク
「目並ぶ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

目並ぶのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




目並ぶのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS