古語:

目を留むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

め-を-とど・む 【目を留む】

分類連語


注目をする。注意してみる。


出典源氏物語 若菜下


「いとさしも親しからぬ継母(ままはは)の御ことを、いたく心しめたまへるかな、とめをとどむ」


[訳] (夕霧は)特にこれといって親しくもない義母(=紫の上)の御事を、ひどく気にかけていられることだ、と注目をする。



め-を-と・む 【目を留む】

分類連語


「めをとどむ」に同じ。








目を留むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

目を留むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




目を留むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS