古語:

空海の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

空海

分類人名


(七七四~八三五)平安時代前期の僧。真言宗の開祖。諡(おくりな)は弘法大師。讚岐(さぬき)の人。八〇四年唐に渡り、長安の青竜寺で恵果から密教の秘法を授けられた。高野山に金剛峰寺(こんごうぶじ)を創建、京都に庶民の教育機関の綜芸種智(しゆげいしゆち)院を設立した。漢詩文にすぐれ『性霊(しようりよう)集』、同評論『文鏡秘府(ぶんきようひふ)論』がある。書も名人で三筆の一人。









空海のページへのリンク
「空海」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

空海のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




空海のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS