古語:

結ぼほるの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

むすぼほ・る 【結ぼほる】

自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


(解けなくなるほど、しっかりと)結ばれる。からみつく。


出典源氏物語 朝顔


「秋果てて霧の籬(まがき)にむすぼほれあるかなきかに移る朝顔」


[訳] 秋が終わって霧のたち込めた目の粗い垣につるがからみつき、あるのかないのかわからないほどに色あせてしまった朝顔よ。


(露・霜・氷などが)できる。


出典新古今集 恋四


「通ひ来(こ)し宿の道芝かれがれに跡なき霜のむすぼほれつつ」


[訳] あの人の通って来た家の道の雑草は枯れ、訪れも間遠になった。今は足跡のつかない霜が降りていることだ。


気がふさぐ。くさくさする。


出典源氏物語 手習


「たゆみなくむすぼほれ、物をのみ思(おぼ)したりしも」


[訳] 絶えず気がふさぎ、物思いばかりなさっていたのも。


関係がある。縁故で結ばれる。


出典平家物語 一〇・首渡


「平家にむすぼほれたる人々は」


[訳] 平家と関係をもっている人たちは。









結ぼほるのページへのリンク
「結ぼほる」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

結ぼほるのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




結ぼほるのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS