古語:

縊るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

くび・る 【縊る】

[一]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


首を絞める。絞め殺す。


出典大鏡 時平


「『いはゆる宮毘羅(くびら)大将』とうち上げたるを、『我をくびると読むなりけり』と思(おぼ)しけり」


[訳] (僧が)「いわゆる宮毘羅大将」と一段と声をはり上げたのを、「私を絞め殺すと読むのだなあ」とお思いになった。


[二]自動詞ラ行下二段活用

活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}


首をくくって死ぬ。


出典日本書紀 天武


「自らくびれぬ」


[訳] (大友皇子は)自分で首をくくって死んだ。








縊るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

縊るのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




縊るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS