古語:

縒るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よ・る 【縒る・搓る・撚る】

[一]他動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


何本かをねじり合わせて一本にする。


出典徒然草 九


「女の髪すじをよれる綱には」


[訳] 女の髪の毛をねじり合わせて一本にした綱には。


ねじ曲げる。


出典新古今集 夏


「よられつる野もせの草のかげろひて涼しく曇る夕立の空」


[訳] 日光の暑さにねじ曲げられた野原一面の草がかげってきて、涼しく曇った空から夕立が降ってきた。


[二]自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


しわになる。


出典古今集 雑体


「蟬(せみ)の羽(は)の(=枕詞(まくらことば))ひとへに薄き夏衣(なつごろも)なればよりなむ物にやはあらぬ」


[訳] (蟬の羽のように)たいへん薄い夏の衣服は着なれると、しわになるような物ではないかしら。








縒るのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

縒るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




縒るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS