古語:

縦しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よし 【縦し】

副詞

仕方がない。ままよ。どうでも。まあよい。▽「よし」と仮に許可するの意。


出典万葉集 二一一〇


「人皆は萩(はぎ)を秋と言ふよしわれは尾花が末(うれ)を秋とは言はむ」


[訳] 人はみな萩を秋の風物というが、どうでも私はすすきの穂先を秋の風物と言おう。


〔多く下に逆接の仮定条件を伴って〕たとえ。もし仮に。万が一。


出典万葉集 一四九


「人はよし思ひ止(や)むとも」


[訳] 人はたとえあきらめるとしても。








縦しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

縦しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




縦しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS