古語:

至らぬ所無しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 至らぬ所無しの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

いたら-ぬ-ところ-な・し 【至らぬ所無し】

分類連語


どこにでも行く。


出典堤中納言 はなだの女御


「いやしからぬすき者の、いたらぬところなく、人に許されたる」


[訳] 身分の低くない好色者で、(すばらしい女性と聞けば)どこにでも行き、それを世の人々に是認されている男が。


非の打ちどころがない。


出典蜻蛉日記 上


「いたらぬところなしとききふるした手も」


[訳] 非の打ちどころがない(ほどみごとに書くものだ)と聞き慣れていた筆跡も。








至らぬ所無しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

至らぬ所無しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




至らぬ所無しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS