古語:

裁ち重ぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たち-かさ・ぬ 【裁ち重ぬ】

他動詞ナ行下二段活用

活用{ね/ね/ぬ/ぬる/ぬれ/ねよ}


(布を)裁ち縫って、重ねて着る。


出典源氏物語 宿木


「高麗(こま)・唐土(もろこし)の錦(にしき)・綾(あや)をたちかさねたる目移しには」


[訳] 高麗や唐の錦や綾の布を裁ち縫って重ねて着たのを見慣れた目で他のものを見るときには。


参考

和歌では「立ち重ぬ」とかけて用いることが多い。









裁ち重ぬのページへのリンク
「裁ち重ぬ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

裁ち重ぬのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




裁ち重ぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS