古語:

立ち重ぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たち-かさ・ぬ 【立ち重ぬ】

他動詞ナ行下二段活用

活用{ね/ね/ぬ/ぬる/ぬれ/ねよ}


(波や霞(かすみ)などが)立って、幾重にも重ねる。


出典源氏物語 紅葉賀


「恨みてもいふかひぞなきたちかさね引きて返りし波のなごりに」


[訳] 恨んでもそれを言うかいもない。幾重にも重ねて立ち引いては返る波のあとは。


参考

和歌では「裁ち重ぬ」とかけて用いることが多い。









立ち重ぬのページへのリンク
「立ち重ぬ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

立ち重ぬのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




立ち重ぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS