古語:

立ち込むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

たち-こ・む 【立ち込む・立ち籠む】

[一]自動詞マ行四段活用

活用{ま/み/む/む/め/め}


ぎっしり入り込む。混雑する。たてこむ。▽人や車などにいう。


出典徒然草 五〇


「院の御桟敷のあたり、更に通り得(う)べうもあらずたちこみたり」


[訳] 上皇の御桟敷のあたりは、まったく通り抜けることができそうもないほど混雑していた。


[二]自動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


立ちこめる。霧・煙があたりをおおう。


出典平家物語 五・勧進帳


「春は霞(かすみ)にたちこめられ」


[訳] 春は霞に立ちこめられ。


[三]他動詞マ行下二段活用

活用{め/め/む/むる/むれ/めよ}


取り囲む。


出典宇治拾遺 七・四


「忠明(ただあきら)をたちこめて殺さんとしければ」


[訳] 忠明を取り囲んで殺そうとしたので。









立ち込むのページへのリンク
「立ち込む」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

立ち込むのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




立ち込むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS