古語:

装ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

よそ・ふ 【装ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


身づくろいする。飾り整える。


出典万葉集 一七七七


「君なくはなぞ身よそはむ」


[訳] あなたがいないならばどうしてこの身を飾りましょうか。


整え設ける。準備する。支度する。


出典源氏物語 絵合


「女房のさぶらひに、御座(おまし)よそはせて」


[訳] 女房の詰め所に御座所を準備させて。


(飲食物を)整え用意する。器に盛る。


出典平家物語 八・猫間


「飯(はん)うづだかくよそひ」


[訳] 飯を山もりに器に盛り。


注意

現代語「装(よそ)う」にはの意味はない。



よそほ・ふ 【装ふ】

他動詞ハ行四段活用

活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}


正装する。


出典平家物語 八・名虎


「王公卿相(わうこうけいしやう)、花の袂(たもと)をよそほひ」


[訳] 王公卿相は花のような衣装で正装し。


化粧する。


出典奥の細道 松島


「その気色(けしき)窅然(えうぜん)として美人の顔(かんばせ)をよそほふ」


[訳] その(松島の)景色は奥深く美しくて、美人が顔を化粧したようである。








装ふのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

装ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




装ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS