古語:

装束くの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さう-ぞ・く 【装束く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


身に着ける。装う。着飾る。


出典枕草子 正月に寺にこもりたるは


「裳(も)・唐衣(からぎぬ)など、ことごとしくさうぞきたるもあり」


[訳] 裳や唐衣などをおおげさに着飾っている女房もいる。


支度する。装備する。整える。


出典源氏物語 胡蝶


「唐(から)めいたる舟、作らせ給(たま)ひける、急ぎさうぞかせ給ひて」


[訳] 唐風の船をお作らせなさったのを、急いで整えさせなさって。


参考

名詞「装束(さうぞく)」の語末を活用させて動詞化した語。



しゃう-ぞ・く 【装束く】

自動詞カ行四段活用

活用{か/き/く/く/け/け}


「さうぞ(装束)く


」に同じ。


出典平家物語 一・殿下乗合


「前駆(せんぐ)・御随身(みずいじん)どもが今日を晴れとしゃうぞいたるを」


[訳] 馬に乗って先導する者や警備のお供の者たちが今日こそ晴れがましい日だとして着飾っているのを。◇「しゃうぞい」はイ音便。



そうぞく 【装束・装束く】

⇒さうぞく








装束くのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

装束くのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




装束くのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS