古語:

装束き立つの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 装束き立つの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さうぞき-た・つ 【装束き立つ】

[一]自動詞タ行四段活用

活用{た/ち/つ/つ/て/て}


着飾る。


出典枕草子 関白殿、二月二十一日に


「まことに寅(とら)の時かとさうぞきたちてあるに」


[訳] ほんとうに寅の刻(=午前四時ごろ)かと思い着飾っているのに。◆「たつ」は接尾語。


[二]他動詞タ行下二段活用

活用{て/て/つ/つる/つれ/てよ}


着飾らせる。


出典枕草子 うつくしきもの


「大きにはあらぬ殿上童(てんじやうわらは)のさうぞきたてられて歩(あり)くも、うつくし」


[訳] あまり大きくない殿上童が着飾らせられて歩くのもかわいらしい。◆「たつ」は接尾語。








装束き立つのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

装束き立つのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




装束き立つのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS