古語:

言挙げの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こと-あげ 【言挙げ】

名詞※「す」が付いて他動詞(サ行変格活用)になる

言葉に出して特に言い立てること。


出典万葉集 三二五三


「葦原(あしはら)の瑞穂(みづほ)の国は神(かむ)ながらことあげせぬ国」


[訳] 葦原にある瑞穂の国(=日本)は、神のお心のままに、(人は自分の考えを)言葉に出して言い立てない国。◆上代語。


参考

上代、不必要な「言挙げ」は不吉なものとしてタブーとされ、あえてそのタブーを犯すのは重大な時に限られた。用例の歌は、そのあたりの事情を詠んでいる。








言挙げのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

言挙げのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




言挙げのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS