古語:

言痛しの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

こちた・し 【言痛し・事痛し】

形容詞ク活用

活用{(く)・から/く・かり/し/き・かる/けれ/かれ}


煩わしい。うるさい。


出典万葉集 二八八六


「人言(ひとごと)はまことこちたくなりぬともそこに障(さは)らむ我にあらなくに」


[訳] 他人のうわさが本当にうるさくなってもそれに邪魔されるような私ではないのに。


甚だしい。度を越している。ひどくたくさんだ。


出典枕草子 宮にはじめてまゐりたるころ


「御前(おまへ)近くは、例の炭櫃(すびつ)に火こちたくおこして」


[訳] 御前近くには、いつものように火鉢に火をたくさんおこして。


仰々しい。おおげさだ。


出典枕草子 鳥は


「鶴(つる)は、いとこちたきさまなれど、鳴く声雲居(くもゐ)まで聞こゆる、いとめでたし」


[訳] 鶴はとても仰々しい姿だが、鳴く声が天の上まで聞こえる(という)のは、まことにけっこうだ。








言痛しのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

言痛しのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




言痛しのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS