古語:

跡の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

あと 【跡】

名詞

足もと。足のあたり。足。


出典万葉集 八九二


「父母(ちちはは)は枕(まくら)のかたに妻子(めご)どもはあとのかたに囲(かく)みゐて」


[訳] ⇒かぜまじり…。


足跡。


出典徒然草 一三七


「雪にはおり立ちてあとつけなど、よろづのものよそながら見ることなし」


[訳] (田舎者は)雪の上には下りて立って足跡をつけるなど、すべてについてそれとなく見ることがない。


(去って行った)方向。行方。


出典古今集 離別


「雪のまにまにあとはたづねむ」


[訳] 雪の中を行きながら(あなたの)行方を尋ねよう。


痕跡(こんせき)。形跡。


出典奥の細道 平泉


「夏草や兵(つはもの)どもが夢のあと―芭蕉」


[訳] ⇒なつくさや…。


筆跡。


出典源氏物語 橋姫


「古めきたるかびくささながら、あとは消えず」


[訳] (紙は)古めかしくかびくささがあるが、筆の跡は消えないでいて。


(定まった)形式。様式。先例。


出典源氏物語 帚木


「臨時のもてあそび物の、その物とあとも定まらぬは」


[訳] その場限りの慰みもので、そのものはこうしたものだという様式も定まらないのは。


家のあとめ。家督。


出典平家物語 一・鱸


「清盛(きよもり)嫡男たるによって、そのあとをつぐ」


[訳] 清盛は正式の長男であることによって、その(死んだ父忠盛の)家督を継ぐ。









跡のページへのリンク
「跡」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

跡のお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




跡のページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS