古語:

身に染むの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

み-に-し・む 【身に染む・身に沁む】

分類連語


痛切に感じる。しみじみと味わう。


出典源氏物語 帚木


「御有様をみにしむばかり思へる好き心どもあめり」


[訳] (源氏の)お姿をしみじみ味わうほどの思いで見る好色そうな女房どもがいるようだ。


秋の冷気が身に強く感じられる。


出典更科紀行 俳文・芭蕉


「みにしみて大根からし秋の風―芭蕉」


[訳] 旅先の宿で大根おろしを食べると、骨身にしみるほどからく、折からの秋風の冷たさが身に強く感じられる。








身に染むのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

身に染むのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




身に染むのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS