古語:

長ずの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

ちゃう-・ず 【長ず】

自動詞サ行変格活用

活用{ぜ/じ/ず/ずる/ずれ/ぜよ}


成長する。育つ。


出典今昔物語集 五・一四


「その子、漸(やうや)く勢(せい)ちゃうずるに」


[訳] その子は、だんだん体つきが成長すると。


年上である。年長である。


出典太平記 五


「年ちゃうぜるを先達(せんだち)に作り立て」


[訳] 年が上である者を先導役にしたてて。


ぬきんでる。すぐれる。


出典徒然草 一四五


「道にちゃうじぬる一言、神のごとし」


[訳] 専門の道でぬきん出ている人のひとことは、神の言葉のようだ。









長ずのページへのリンク
「長ず」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

長ずのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




長ずのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS