古語:

限りも知らぬの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

Weblio 辞書 > 古語辞典 > 学研全訳古語辞典 > 限りも知らぬの解説 


学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

かぎり-も-しら-ぬ 【限りも知らぬ】

分類連語


命の限りもわからない。


出典源氏物語 松風


「いきてまたあひ見むことをいつとてかかぎりもしらぬ世をばたのまむ」


[訳] (都へ)行き、生きて再び(父上に)会えるのを、いつと思いながら、命の限りもわからないこの世を頼りにしたらよいのだろうか。


限りない。どこまでも続く。


出典新古今集 賀


「かぎりもしらぬ御代のすゑずゑ」


[訳] (栄華が)限りなく続くわが君の御治世の将来であるよ。


なりたち

名詞「かぎり」+係助詞「も」+動詞「しる」の未然形+打消の助動詞「ず」の連体形。








限りも知らぬのページへのリンク

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

限りも知らぬのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




限りも知らぬのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS