古語:

障ふの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さ・ふ 【障ふ】

[一]自動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


つかえる。


出典枕草子 あさましきもの


「挿し櫛(ぐし)すりて磨く程に、物に突きさへて折りたる心地」


[訳] 挿し櫛をこすって磨いているうちに、何かにぶつかってつかえて折ってしまった気持ち。


[二]他動詞ハ行下二段活用

活用{へ/へ/ふ/ふる/ふれ/へよ}


妨げる。


出典徒然草 一一二


「一生は雑事(ざふじ)の小節(せうせつ)にさへられて、空(むな)しく暮れなん」


[訳] (人の)一生は雑多なつまらない義理に妨げられて、むだに終わってしまうだろう。









障ふのページへのリンク
「障ふ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

障ふのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




障ふのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2019 Printed in Japan

©2019 Weblio RSS