古語:

障るの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

さは・る 【障る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


妨げられる。邪魔される。


出典今昔物語集 二五・一二


「雨にもさはらず、夕方行きたりけるに」


[訳] 雨にも妨げられず、夕方出かけていったところ。


都合が悪くなる。用事ができる。


出典土佐日記 一・八


「さはることありて、なほ同じところなり」


[訳] 都合が悪くなることがあって、やはり同じ所である(にいる)。



さや・る 【障る】

自動詞ラ行四段活用

活用{ら/り/る/る/れ/れ}


触れる。ひっかかる。


出典古事記 神武


「鴫(しぎ)はさやらず」


[訳] 鴫は罠(わな)にひっかからず。


差し支える。妨げられる。


出典万葉集 八七〇


「今日行きて明日は来(き)なむを何かさやれる」


[訳] 今日行って明日は帰って来られるのだろうに何が差し支えているというのか。



さわる 【障る】

⇒さはる









障るのページへのリンク
「障る」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

障るのお隣キーワード

法人向けの高品質な翻訳サービス




障るのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2020 Printed in Japan

©2020 Weblio RSS