古語:

侍りの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「侍り」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/43件中)

分類連語西も東もわからない。思慮分別がつかない。東西を弁(わきま)えず。出典宇津保物語 国譲上「内裏(うち)よりただ今まかで侍りて、乱り心地とうざいしらず侍れば」[訳] 宮中からたった今退出したばかり...
分類連語西も東もわからない。思慮分別がつかない。東西を弁(わきま)えず。出典宇津保物語 国譲上「内裏(うち)よりただ今まかで侍りて、乱り心地とうざいしらず侍れば」[訳] 宮中からたった今退出したばかり...
分類連語…で。…でこそ。出典源氏物語 帚木「人違(たが)へにこそ侍るめれ」[訳] 人違(ちが)いでございましょう。なりたち断定の助動詞「なり」の連用形「に」+係助詞「こそ」...
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}ひっそりとしている。閑静だ。出典源氏物語 夕顔「人繁(しげ)きやうに侍(はべ)れど、いとかごかに侍り」[訳] 人が多いようでございますが、...
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}下手だ。無器用だ。不細工だ。出典紫式部日記 寛弘六・一・三「一といふ文字をだに書きわたし侍(はべ)らず、いとてづつに、あさましく侍り」[訳...
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}下手だ。無器用だ。不細工だ。出典紫式部日記 寛弘六・一・三「一といふ文字をだに書きわたし侍(はべ)らず、いとてづつに、あさましく侍り」[訳...
分類連語気のゆるみ。不注意。不誠実。怠慢からの過失。出典源氏物語 真木柱「のどかに思ひ侍りけるこころのおこたりを、かへすがへす聞こえてもやる方(かた)なし」[訳] 安心しておりました(私の)気のゆるみ...
分類連語気のゆるみ。不注意。不誠実。怠慢からの過失。出典源氏物語 真木柱「のどかに思ひ侍りけるこころのおこたりを、かへすがへす聞こえてもやる方(かた)なし」[訳] 安心しておりました(私の)気のゆるみ...
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}整わない。欠点が多い。思わしくない。出典源氏物語 野分「いとふでうなる娘まうけ侍(はべ)りて、もて煩ひ侍りぬ」[訳] とても欠点が多い娘を...
形容動詞ナリ活用活用{なら/なり・に/なり/なる/なれ/なれ}整わない。欠点が多い。思わしくない。出典源氏物語 野分「いとふでうなる娘まうけ侍(はべ)りて、もて煩ひ侍りぬ」[訳] とても欠点が多い娘を...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS