古語:

憂うの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「憂う」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~8/8件中)

分類連語いつと決めずに。いつも。出典万葉集 三〇六〇「忘れ草我が紐(ひも)に付くときとなく思ひわたれば生けりともなし」[訳] (身につけると憂いが忘れられるという)忘れ草を私の下紐につける。いつも、恋...
分類連語いつと決めずに。いつも。出典万葉集 三〇六〇「忘れ草我が紐(ひも)に付くときとなく思ひわたれば生けりともなし」[訳] (身につけると憂いが忘れられるという)忘れ草を私の下紐につける。いつも、恋...
分類連語世の中をいやだと思う。世をいとう。出典古今集 雑下「わが庵(いほ)は都の辰巳(たつみ)しかぞ住むよをうぢ山と人はいふなり」[訳] ⇒わがいほは…。参考和歌では、「うぢ」(宇治)だけでなく「う」...
分類連語世の中をいやだと思う。世をいとう。出典古今集 雑下「わが庵(いほ)は都の辰巳(たつみ)しかぞ住むよをうぢ山と人はいふなり」[訳] ⇒わがいほは…。参考和歌では、「うぢ」(宇治)だけでなく「う」...
自動詞ラ行下二段活用活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}①晴れる。②憂いや悩みが解消する。心がはればれとする。出典源氏物語 賢木「ましてはるる世なき、中宮の御心のうちなり」[訳...
自動詞ラ行下二段活用活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}①晴れる。②憂いや悩みが解消する。心がはればれとする。出典源氏物語 賢木「ましてはるる世なき、中宮の御心のうちなり」[訳...
自動詞ラ行下二段活用活用{れ/れ/る/るる/るれ/れよ}①晴れる。②憂いや悩みが解消する。心がはればれとする。出典源氏物語 賢木「ましてはるる世なき、中宮の御心のうちなり」[訳...
分類俳句「象潟や雨に西施(せいし)がねぶの花」出典奥の細道 象潟・芭蕉(ばせう)[訳] 象潟が雨に煙っている。それは雨にぬれるねむの花のような沈んだ哀感があり、ちょうどかの美女の西施が憂いに眼(まなこ...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

法人向けの高品質な翻訳サービス


©2019 Weblio RSS