古語:

憂き世の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「憂き世」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/19件中)

名詞①夜の道。②心が迷い、分別のつかないことのたとえ。出典新後撰集 釈教「長き夜(よ)のやみぢに迷ふ身なりとも」[訳] 長い夜の闇路(=分別のつかなさに)心が迷う私であるが。&...
名詞①夜の道。②心が迷い、分別のつかないことのたとえ。出典新後撰集 釈教「長き夜(よ)のやみぢに迷ふ身なりとも」[訳] 長い夜の闇路(=分別のつかなさに)心が迷う私であるが。&...
分類連語(…に)及ぶまい。(…に)まさるものはあるまい。出典平家物語 三・行隆之沙汰「腹かき切りて死なんにはしかじ」[訳] 腹をかき切って死ぬことにまさるものはあるまい。⇒如(し)く参考「しかじ、憂き...
分類連語(…に)及ぶまい。(…に)まさるものはあるまい。出典平家物語 三・行隆之沙汰「腹かき切りて死なんにはしかじ」[訳] 腹をかき切って死ぬことにまさるものはあるまい。⇒如(し)く参考「しかじ、憂き...
分類連語(…に)及ぶまい。(…に)まさるものはあるまい。出典平家物語 三・行隆之沙汰「腹かき切りて死なんにはしかじ」[訳] 腹をかき切って死ぬことにまさるものはあるまい。⇒如(し)く参考「しかじ、憂き...
分類連語(…に)及ぶまい。(…に)まさるものはあるまい。出典平家物語 三・行隆之沙汰「腹かき切りて死なんにはしかじ」[訳] 腹をかき切って死ぬことにまさるものはあるまい。⇒如(し)く参考「しかじ、憂き...
分類連語(この世は無常なもので)出会う者は必ず別れる運命にあるということ。出典平家物語 一〇・維盛入水「生者必滅(しやうじやひつめつ)、ゑしゃぢゃうりは憂き世の習ひにて候ふなり」[訳] 生ある者は必ず...
分類連語(この世は無常なもので)出会う者は必ず別れる運命にあるということ。出典平家物語 一〇・維盛入水「生者必滅(しやうじやひつめつ)、ゑしゃぢゃうりは憂き世の習ひにて候ふなり」[訳] 生ある者は必ず...
分類連語①仏前にともす灯明。②仏法。煩悩に迷うこの世から人を導く仏法を、闇夜(やみよ)を照らす灯火に見立てていう。出典新古今集 釈教「願はくはしばし闇路(やみぢ)にやすらひて掲...
分類連語①仏前にともす灯明。②仏法。煩悩に迷うこの世から人を導く仏法を、闇夜(やみよ)を照らす灯火に見立てていう。出典新古今集 釈教「願はくはしばし闇路(やみぢ)にやすらひて掲...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2022 GRAS Group, Inc.RSS