古語:

しかじの意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    



学研全訳古語辞典

学研教育出版学研教育出版

しか-・じ 【如かじ・及かじ・若かじ】

分類連語


(…に)及ぶまい。(…に)まさるものはあるまい。


出典平家物語 三・行隆之沙汰


「腹かき切りて死なんにはしかじ」


[訳] 腹をかき切って死ぬことにまさるものはあるまい。⇒如(し)く


参考

「しかじ、憂き世をいとひ、まことの道に入(い)りなん」(『平家物語』)〈これにまさるものはあるまい、無常の世を避けて、真の(=仏の)道に入ってしまおう。〉のように、「しかじ」が文頭にあるのは、「憂き世をいとひ、まことの道に入りなん(には)しかじ」を倒置した形。


なりたち

動詞「し(如)く」の未然形+打消推量の助動詞「じ」









しかじのページへのリンク
「しかじ」の関連用語

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

しかじのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳




しかじのページの著作権
古語辞典情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
学研教育出版学研教育出版
©GAKKEN 2021 Printed in Japan

©2021 GRAS Group, Inc.RSS