古語:

春の夜の夢の意味

古文辞書 - Weblio古語辞典古語辞典
約23000語収録の古語辞典

古語辞典


    

「春の夜の夢」を解説文に含む見出し語の検索結果(1~10/12件中)

名詞枕にする腕。てまくら。多く、共寝する場合にいう。出典千載集 雑上「春の夜の夢ばかりなるたまくらにかひなく立たむ名こそ惜しけれ」[訳] ⇒はるのよのゆめばかりなる…。◆「た」は「て(手)」の古形。
名詞枕にする腕。てまくら。多く、共寝する場合にいう。出典千載集 雑上「春の夜の夢ばかりなるたまくらにかひなく立たむ名こそ惜しけれ」[訳] ⇒はるのよのゆめばかりなる…。◆「た」は「て(手)」の古形。
名詞横に長くたなびく雲。多く、和歌で用い、また、明け方の東の空にたなびく雲をいうことが多い。出典新古今集 春上「春の夜の夢の浮き橋とだえして峰に別るるよこぐもの空」[訳] ⇒はるのよのゆめのうきはし…...
名詞横に長くたなびく雲。多く、和歌で用い、また、明け方の東の空にたなびく雲をいうことが多い。出典新古今集 春上「春の夜の夢の浮き橋とだえして峰に別るるよこぐもの空」[訳] ⇒はるのよのゆめのうきはし…...
分類和歌「風通ふ寝覚めの袖(そで)の花の香(か)に薫る枕(まくら)の春の夜の夢」出典新古今集 春下・藤原俊成女(ふぢはらのとしなりのむすめ)[訳] 桜の花を吹き散らしてきた風が吹き通って目覚めた私の袖...
分類和歌出典百人一首 「春の夜の夢ばかりなる手枕(たまくら)にかひなく立たむ名こそ惜しけれ」出典千載集 雑上・周防内侍(すはうのないし)[訳] 短い春の夜の夢ほどのかりそめの戯れに、あなたの腕を枕とし...
副詞(一)【直】①直接。じかに。出典徒然草 二二「ただ言ふ言葉も、口をしうこそなりもてゆくなれ」[訳] 直接話す言葉(=会話)も、だんだん情けなくなってゆくようだ。②すぐ。ちょ...
形容詞シク活用活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}①長い。▽期間や、時間についていう。出典平家物語 一・祇園精舎「おごれる人もひさしからず、ただ春の夜の...
形容詞シク活用活用{(しく)・しから/しく・しかり/し/しき・しかる/しけれ/しかれ}①長い。▽期間や、時間についていう。出典平家物語 一・祇園精舎「おごれる人もひさしからず、ただ春の夜の...
自動詞ハ行四段活用活用{は/ひ/ふ/ふ/へ/へ}①通う。出典伊勢物語 八三「昔、水無瀬(みなせ)にかよひ給(たま)ひし惟喬(これたか)の親王(みこ)、例の狩りしにおはします供に」[訳] 昔...
< 前の結果 | 次の結果 >



   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   

・英和辞典なら、Weblio英和・和英辞典

・英単語学習なら、Weblio英単語帳


©2020 Weblio RSS